政府、独身貴族の爵位を廃止へ


写真=独身貴族

写真=著名な独身貴族

政府・与党は29日、日本で唯一の爵位である「独身貴族」を廃止する方針を固めた。少子化対策のために結婚を促進することが狙いで、年内にも「爵位廃止法案」を成立させたいとしている。

2013年に生涯未婚率(50歳になった時点で一度も結婚をしたことがない人の割合)が3割を突破したことを政府は問題視。少子化対策のため有識者会議を立ち上げて協議してきたが、「経済的・時間的に余裕のある人々、いわゆる独身貴族がいつまでも結婚しないことが少子化の要因」とし、「法の下に平等とする憲法を遵守し、爵位を廃止することが適当」と結論付けた。

有識者会議によると、全国の独身者は約3000万人。そのうち独身貴族は4割程度を占めており、貯蓄が500万〜1000万円未満の「子爵」は650万人、同1000万〜5000万円未満の「伯爵」が300万人、同5000万〜1億円未満の「侯爵」が200万人、同1億円以上で富裕層と呼ばれる「公爵」は50万人と推定される。

政府は約1200万人いる独身貴族の爵位を廃止することで、全員を平民に列する考え。独身貴族という身分を失って「ただの独身者」になり、次々と結婚していく周囲の視線に肩身を狭く感じて結婚率を上昇させると予想している。さらに、数十兆円規模と予想される独身貴族全体の資産を結婚によって家庭で消費させることの経済効果にも期待を寄せる。

独身貴族の男性は取材に対し、「いや、俺の嫁はデスクトップの中にいるんで…」とだけ話し不機嫌そうに立ち去った。