鉄拳さんの最新作「人間椅子」が公開 早くも感動の声


写真=人間椅子

写真=人間椅子

お笑い芸人の鉄拳さんが制作したパラパラ漫画の最新作「人間椅子」が17日、Youtube上で公開された。「パラパラしていると何だか感動する」として、初日にもかかわらず再生回数は2万回を突破している。

鉄拳版「人間椅子」は、江戸川乱歩の短編小説を元にした10分間のパラパラ漫画。ある女性作家に届いたファンレターを通して、自らが作った椅子の中に入り込んだ椅子職人「私」による悪魔のような生活を描く。

動画はSNS(ソーシャル・ネットワーク・システム)を中心に評判が広がり、「泣けた」「デスクトップが霞んで見えない」「家族や友達を大事にしようと思いました」などのコメントが殺到した。「江戸川乱歩って読んだことがなかった。感動したいのですが、オススメありますか?」との質問には鉄拳さん自ら「『芋虫』とか『陰獣』とか最高ですよ」と返信している。

独特のタッチと感動を呼ぶストーリーで「泣ける」と評判の鉄拳さんのパラパラ漫画は、日常生活で「泣き足りない」と悩む現代人に受け入れられ、「感動デトックス」として高い評価を得ている。

しかし鉄拳さんは、すでに決定した次回作へと気持ちが切り替わっているようだ。次回作は「ドグラ・マグラ」(原作・夢野久作)で、「絶対に感動させてやりますよ」と意気込む。

鉄拳版「ドグラ・マグラ」は来夏の24時間テレビで「24時間パラパラ漫画」として放送される予定で、24時間分の作品に必要な作画枚数は約70万枚。チャリティー番組のためギャラは支払われない契約だと言うが、今月から仕事をすべてキャンセルして不眠不休で制作に入っており、「その姿がすでに感動的」(関係者)だという。