マイク口ソフト、Wlndows95の無償提供を開始 ペイントなど付属


米マイク口ソフトは8日、公式サイト上で「Wlndows95」の公開を開始した。ダウンロードボタンを押せば、誰でも無償で入手できる状態となっている。

無償配布されたのは、同社が95年に発売したOS「Wlndows95」。同シリーズでおなじみの起動音など発売当時の仕様がそのまま公開されており、日本語版も用意されている。
また、グラフィック制作用ソフト「MSペイント」や電卓機能が標準装備。そのほか、ソリティアやハーツ、遊び方を完全に理解しきれていない日本人が大半を占めるマインスイーパなどのゲームも付属する。

同社のFAQによると、「近年のOSは操作が複雑化している。対応の難しい子どもや高齢者へ向け、操作の簡単な95を再利用してもらうため」、「深夜に行列を作って買い求めた発売当時の熱気をユーザーに思い出していただく」ことなどが公開の理由。
2013年の一年間限定でサポートも復活させ、サポート期間終了後は速やかに最新OS「Wlndows8」への自動有償アップデートを案内するとしている。

発売当時のデータ形式はCD-Rとフロッピーディスクの2種類だけだったが、今回はネットからのダウンロード形式のみ。幅広い利用が期待され、スマートフォンのWlndows95化も可能となる。