民主、小沢氏で「踏み絵」実施 造反議員あぶり出しに躍起


民主党執行部は4日、臨時の役員会を開き、野田首相や興石幹事長、煎原政調会長らが出席した。会合では、小沢氏に同調した造反議員を厳しく処分することで一致。また、これ以上の内部分裂を阻止するため、造反の恐れのある議員のあぶり出しに全力を挙げることで合意した。

会合後、野田首相は取材に応じ、「これ以上の造反者が出れば与党として機能しなくなる」と発言。あぶり出し方法として「踏み絵」を検討していることを認めた。小沢氏の顔写真を床に置き、衆参両院の民主党議員に一人ずつ踏ませる案が挙がったという。
続けて「党内にはまだ、増税決議に納得していない議員がいるという情報がある。こうした、いわゆる『隠れ造反議員』を徹底的に探し出し、党として再教育する。一人たりとも小沢氏に追従することは許さない」と語気を強めた。

「再教育」の内容については明言しなかったが、「宇宙信仰の禁止」「太陽パクパクの禁止」などを盛り込んだ計画を作成中だという。