「日韓関係悪化の原因は履修不足」 韓国教育庁長官が発言


韓国の朴鐘烈(パク・ドンチョル)教育庁長官は7日、ソウルで開かれた国際教育シンポジウムで「韓日両国の関係悪化は、日本国民が正しい教育を受けていないことが原因。日本の高校生は学ぶ場すら与えられていないからだ」と発言した。

日本国内で波紋を広げる履修不足を受けての発言に、韓国国内ではネットを中心に 「正論」との意見が目立っている。朴長官は続けて「日本は世界史や理科、家庭科、情報科目が履修不足だから歴史認識を誤らせている」と具体的に話した。

この発言により、今後は韓国国書として日本側へ履修不足問題に対する意見書が届く可能性がある。これに関して内閣府は「現在、両国の関係は悪化はしていない。理科や家庭科の履修不足と歴史認識の関係は無く、内政干渉に当たる」と国内問題であるとし、韓国に対しては強硬な姿勢を貫く方針を示した。